丸正の日々の思い。 version2

アニメ感想を主に書いてます。あらすじっぽいですが堪忍してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハヤテのごとく! 6話

「時が見えると君は言うけど、たぶんそれは走馬灯」



前回の一応続き。

伊澄は無事にナギ宅へ。
ハヤテにつれてきてもらった事をナギに告げます。
またピンチに巻き込まれてるんだ!と助けに行こうとするナギ。
「カシミヤのコートはもうボロボロですよ。」
と伊澄。
「さすがハヤテだ」
とナギ。

何がさすがなんだか・・・(笑)

一方ハヤテは伊澄の執事に追われる、その途中で借金取りと出会い
何故か借金取りの仲間扱いに。
しかし、逃げようとしたハヤテに双方から攻められるし
双方から襲われる。

生きてかえったハヤテだったが、ナギは伊澄の言う事を鵜呑みにして
外に放り出すのだった(笑)

そのせいで風邪を引くハヤテ。
看病を伊澄、マリア、ナギにしてもらいます。
伊澄の卵セーキだっけか?をおいしくいただくハヤテ。

それに対抗心を燃やしたナギは料理開始。
おかゆを作ったのだが、油と間違って洗剤を入れるなど料理おんち(笑)

不味い料理を黙って間食するハヤテ。
看病してくれてるのがうれしい。という事です。
せっかく作ってくれた物を粗末にはできないよね(⌒-⌒)ニコ

ハヤテは眠りに付くがナギが忍び込んで、キスをしようとする。
ハヤテは鈍感なのか、敏感なのか、目を覚まして食い止めるのだった。
もったいないなぁ。
って、好きじゃない?人からされても嬉しくないか。
ナギはハヤテにとって、そういう相手じゃないみたいだし(笑)

明くる朝、風邪が治ったハヤテは見慣れないメイドと出会う。
ドジ娘(笑)

生意気な少年とも出会う。

彼はナギの許婚らしい。
金持ちは大変だなー(笑)
スポンサーサイト
ハヤテのごとく! | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アイドルマスター XENOGLOSSIA 5話 | HOME | 瀬戸の花嫁 6話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。