丸正の日々の思い。 version2

アニメ感想を主に書いてます。あらすじっぽいですが堪忍してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

瀬戸の花嫁 21話

「恋のからさわぎ」
ある日、永澄の学校の靴箱に恋文が!
喜ぶ永澄に、不思議がる巻、ルナが暴力に物をいわせて恋文を奪取。

書いてあった時間と場所に張り込む
ルナ、燦、海、猿、巡、不知火さん
皆物好きね。

永澄を信じる。っと待つ燦。
だが、その場に現れる永澄。

口では断る。といっているようだが、果たして・・・。
しかし、その場に現れたのは燦パパ、ルナパパ。
罠だったことをしりショックを受ける永澄だったが
すっかり慣れたのか二人の攻撃をかわす(笑)

結局燦ママと留奈により二人は撤退。

一度はもてたかった・・。と嘆く永澄に
燦ママは人魚の秘薬をプレゼント。
飲んだとたんに燦ママにアタックされる永澄。
教室に行った時も女子には猛アタックされる。
だが、男子には憎まれるという、裏の効力もあった(笑)

翌日までうらやましくもあり、嫌にもなる現象に悩まされた永澄でした。

翌日、またも恋文が。
もうこりごりな永澄は
燦パパの行動を予測。
巻と3人で待つことに。
その場に現れたのは委員長。眼鏡なしver。

後に人影を感じた委員長はとっさに告白。
だが、相手は燦だったことを知り、逃げ出すが
眼鏡がないってことを逆手に取り
別人に成りすまし、その場をやり過ごすのでした。
イエス!アマゾネス!(笑)
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハヤテのごとく! 22話 | HOME | ながされて藍蘭島 21話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。