丸正の日々の思い。 version2

アニメ感想を主に書いてます。あらすじっぽいですが堪忍してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プリンセスラバー! 第5話

「夕日と観覧車」

プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
(2009/10/23)
寺島拓篤柚木涼香

商品詳細を見る



登校の車の中、前回の聖華の件で優から誉められる哲平
しかし、一心の力を借りていることに少し不服そう。

学校に着き、根津から「お礼がしたい」と言われ
パーティーの参考にもなる。と教えてもらった場所は
どうやらなんかいかがわしい場所のようでw
「何事も経験」と言われ、了承しようとしたところに
シャルロットからも同じ日に誘いが入ってしまう

シャルロットはシルヴィアからも了承をもらい
更には口裏を合わせるように言うのだった。

シルヴィアは家でも哲平の話をよくするようで
シャルロットと出かける。との話を複雑な表情を浮かべるのだった

そして、哲平とシャルロットのデートの日。
普通の男と女として遊びたい。というが
プライベートジェットで大阪までひとっ飛びしたり
水族館にいるペンギンを欲しがったり、行動はお姫様だったw

最後に観覧車に乗る二人
哲平は両親の話をシャルロットにする
「好きだった」
それを聞いたシャルロットは
「好きだったなんて言ってはダメ」
「胸の中で生きているんだから」とか。
シルヴィアとの幼き日を話し始める。
シルヴィアも母を亡くした頃、「すぐに帰ってくる」と、手紙を書いたりとかしていたそうで
その行動にヴィンセントは涙を流すのだった。

冬が嫌い。というシャルロットに日本の冬を教えることを約束する哲平。

観覧車から降り、哲平はパーティーの案を思いつく。

突如、シャルロットが後ろから哲平を抱きしめ
「私との思い出を忘れないで」

シルヴィアといい、シャルロットといい
母国に何かありそうですね。
なぜ日本にいるのかもそういえば謎だし・・・
スポンサーサイト

テーマ:プリンセスラバー - ジャンル:アニメ・コミック

プリンセスラバー! | コメント:0 | トラックバック:7 |
<<涼宮ハルヒの憂鬱 第19話 | HOME | 戦場のヴァルキュリア 第18章>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

【夕日と観覧者】 晴彦復活! インタビューのお礼にパーティーの事で困ってる哲平を手伝う事にした晴彦。 正しいのがマナーって事じゃ・・・。 言ってる事は間違ってませんけど(゚∇゚;) 完全に良い方向から悪い方向へ行ってますねw 哲平貸して~♪ シルヴィー... …
2009-08-03 Mon 23:44 桜詩~SAKURAUTA~
プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]クチコミを見る 前回は根津が気持ち悪すぎる!と言ってしまったけど、哲平のいい悪友として活躍してくれるのであればちょっと面白いかもしれない。今回も、怪しげなパーティーに誘おうとしていたし・・・やっぱり青 …
プリンセスラバー! 第5話「夕日と観覧車」 ややしんみりした話で、この話単発ではちょっと物足りない感じ。 エロさもかなり抑え目でし... …
2009-08-04 Tue 06:59 Welcome to our adolescence.
プリンセスラバー!の第5話を見ました。 というわけで、感想です。 第5話-夕日と観覧車- 聖華との蟠りを一つ解いた哲平だったが、 パーティーのアイデアが未だ煮詰まらず途方に暮れていた。 アルフレッドによって日本式に染まる事を窘められたシャルロットだったが、 ... …
2009-08-04 Tue 07:27 日々徒然なるままに
シャルロットはシルヴィアから哲平を借りてデートに。 行き先は大阪ですか(^^; 天保山の観覧車からの眺めはいいらしいですからね。 シ... …
2009-08-04 Tue 08:18 SERA@らくblog 3.0
アニメ プリンセスラバー! 第5話 『夕日と観覧車』の感想です。                       ↓ 剣をレイピアに変え... …
2009-08-04 Tue 15:11 自堕落アニゲー生活
プリンセスラバー! 第5話「夕日と観覧車」の感想記事です。 ↓妄想詩人の手記(本館) http://coffeemonster.at.webry.info/200908/article_7.html ※この... …
2009-08-05 Wed 11:06 妄想詩人の手記<別館>
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。