丸正の日々の思い。 version2

アニメ感想を主に書いてます。あらすじっぽいですが堪忍してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プリンセスラバー! 第9話

「赤と青」

プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]
(2009/10/23)
寺島拓篤柚木涼香

商品詳細を見る



爆弾を撤去するため、有馬グループのコンピューターを初期化しなければならない。
一心は迷わず初期化を決定。
データは自分と社員一人一人の頭にある。
この決断力がいいのがうらやましい限り。

爆弾を撤去する手伝いに向かうシルヴィアと聖華。
向かう途中、二人は哲平への思いを確かめるのでした。
モテモテやねえ

初期化も終わり、続々爆弾を解除するSP達。
シルヴィアと聖華も到着。
爆弾の解体はお決まりの「赤と青のどちらかの線を切ってください」

シルヴィアは考える間、聖華に爆弾を持たす。
床に老いといちゃあかんのかねw

時間ぎりぎりで聖華は爆弾を放ってしまうが
上空にある間にシルヴィアの剣が一閃。
赤を切るのだった。
理由は今日のラッキーカラーだったから。
何というw
ちなみに下着も赤だそうですw

哲平とシャルロットも爆弾へ向かう。
途中、シャルロットを捕まえていた下っ端二人が登場。
シャルロットを見て変な妄想をしながら哲平に倒されるのだったw

続いてはシャッターが相手。
マグニチュード7.0の地震でも壊れないようにできてるとか。
体当たり、木刀での一撃を試してみるものの、びくともせず。
ノンキに応援するシャルロットに手伝いを頼むと
ブランドショップにあったというチェーンソーを持ってきて、使うのでした

そして最後の刺客はシャルロットを捕まえていた人で唯一普通の人。
銃を構えるが、哲平はものともせず、素手で殴り倒す
「男なら素手で」

爆弾にたどりついた二人。
残り10秒。
哲平はトイレからダストシュートに爆弾を投げ入れるのだった。
ダストシュートも頑丈にできてるらしいですw

一件落着し、哲平はシルヴィア達と合流。
シルヴィアはシャルロットにハイルマンが亡くなったことを伝える。
一心達を助けようとしたことをしり
「好きになれなかった人だけど、好きになれそう。」

シャルロットを迎えに車がやってくる。
だが、運転手はアルフレッドではなく
ハイルマンだった。

今回はおしまい。

ハイルマンもトゥルースだっけ。の一員だってことかな?
っていうかそういう人たちがまだいるかもしれないのに
何の確認も取らずに乗る、乗せる哲平達がちょと信じられなかったw
安堵感で気が抜けていたのかな(;^_^A アセアセ・・・

これはワンクールなのかな。展開が急に早い気がするw
スポンサーサイト

テーマ:プリンセスラバー - ジャンル:アニメ・コミック

プリンセスラバー! | コメント:0 | トラックバック:6 |
<<涼宮ハルヒの憂鬱 第23話 | HOME | 戦場のヴァルキュリア 第22章>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]クチコミを見る 有馬ヒルズに仕掛けられた爆弾。タイムリミットは後僅かにしかない。ビルに取り残された哲平とシャルロットの運命やいかに!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から... …
プリンセスラバー! 第9話「赤と青」の感想記事です。 ※この記事は、FC2などの一部ブログへのTB送信が出来ない本館に代わって、T... …
2009-09-02 Wed 15:10 妄想詩人の手記<別館>
シャルロットを助けることに哲平は成功しますが…。 有馬ヒルズには爆弾が仕掛けられ、哲平たちが取り残される。 こんな状況でもデートみた... …
2009-09-02 Wed 21:03 SERA@らくblog 3.0
「赤と青」を見ました。 ラッキーカラーの下着を身につけるシルヴィアに笑った。 …
2009-09-02 Wed 21:35 更級の絵巻日記
【赤と青】 手を繋いでデート♪ 爆弾は5つ!このままだと有馬ヒルズも崩れるのに・・・。 緊張感の無いシャルですね(゚∇゚;) 手まで繋いじゃって・・・。 これじゃ本当にデートですねw 一つだけ方法がある? 有馬の全サーバーデータを初期化する事。 ウイル... …
2009-09-02 Wed 21:56 桜詩~SAKURAUTA~
プリンセスラバー! 第9話「赤と青」 “つじつまよりケレンミ” ファンブックでシリーズ構成の中村誠氏が書かれていたこの言葉通りのな... …
2009-09-02 Wed 23:15 Welcome to our adolescence.
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。